1 2 3 4 5
まちBlog 野辺地 勝手に好評奮闘中!! 町民参加型で、わいわいがやがや。 さあ、あなたも何か、書いて書いて!! 書くのは野辺地のことだけよ・・・
 
ちら見ポイント1314477チラッ
野辺地町 愛宕公園イメージ動画
▼野辺地町が盛りだくさん!
 
▼ご来店の際は、お電話でご予約を…
 
▼ソーラン節の元祖がここに!
 
▼野辺地町の野鳥図鑑
 

野辺地町立図書館

    青森県警察のHP

    なんでも検索

    携帯QRコード

      http://www.noheji.jp
     
     
     

    正当なCSSです!

     
     

    常夜燈と石畳のルーツ

    常夜燈と石畳のルーツ
    2010/11/07

    常夜燈と石畳のルーツ プロローグ

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)

    今月(2010年11月号)の「広報のへじ」の表紙写真は、香川県土庄町(とのしょうちょう)との友好公園締結式の写真ですが、どうやらこの写真を撮るまでには長い歴史と多くの人達の努力が積み重なっていたようです。時期を同じく、県立郷土館で行われた土曜セミナーでは川村眞一氏をゲストキュレーターに迎え「野辺地町における北前交易石造物のルーツ とくに常夜燈と石畳について」のセミナーが行われました。


    本内容は、友好公園締結に至るまでの道のりを、川村氏のセミナーを受講した私が、私なりの表現で記したものです。


    22:41 | プロローグ
    2010/11/07

    常夜燈と石畳のルーツ 野辺地の3つの時代

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)

    野辺地の3つの時代
     

    1. 檜(ひば)木材輸送の時代 寛文期(1667~1672)
     
    江戸幕府ができたのち、都市としての機能がますます発達して各地で多くの木材が必要とされました。 特に檜木材は重宝され、下北地方では材木払い下げ政策により森林の開発が活発に行われます。 木材は文献上では、下北・田名部と表現されている箇所(実際は、脇野沢や川内もあったとも思われる)から、野辺地・泊・横浜を着岸地として運ばれていきました。 また、多くの請負人達も下北地方へ集まってきて、野辺地湊が賑わう兆しが見え始めた頃だと思われます。 しかし、檜木材は30年で枯渇してしまい、下北地方での木材払い下げ政策は終焉を迎えて行きます。
    (この時代の将軍は、4代将軍 徳川家綱。)
     
     
    2. 御用銅大阪回送の時代 約100年間野辺地湊が繁栄を極めた
     
    幕府が輸出用に取り扱った御用銅が年々増加したことにより、明和2年(1765)以降は、南部領内の尾去沢鉱山(秋田県鹿角市)からの銅の駄送(牛で運ぶ事)が盛んになりはじめます。 尾去沢鉱山から野辺地町までは約136km、一人20頭の牛を引き連れて運んだようです。 野辺地町史からは「山元から野辺地までの距離は遠く、街道の状態も整備されていないという悪条件の中で、牛と牛方を確保しなければならない。 その駄賃も大きい経費であったから、宿場や沿道住民の協力がなければ達成されない事業であった。」と、当時の人々の助け合い精神を垣間見る事ができます。

    野辺地湊からの銅積船には大豆や海産物(干鮑、鱶鰭、煎海鼠)も積み出しされました。 これは、御用銅が盗難にあった場合に海産物を代替品として納めたからのようです。 こんな、100年間も続いた野辺地湊の繁栄も、江戸幕府の崩壊と共に終息していきます。

     
     
    3. 北海道交易の時代

    江戸幕府崩壊後、明治新政府は北海道開発を推進していきます。 野辺地湊も函館と、人や物資の輸送を増加させていきました。 当時、野辺地には8軒もの味噌醤油の醸造所があるほど、野辺地大豆の集荷があったようです。
    (野辺地納豆が美味しいのもこんな歴史があるからなのでしょうか…)

     
    このような時代を背景に、野辺地町には常夜燈や石畳が運ばれてきたようです。
    セミナーの本題でもある石の歴史を見てみましょう。


    22:40 | 野辺地の歴史
    2010/11/07

    常夜燈と石畳のルーツ 野辺地町本町旧石畳

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)

    野辺地町本町旧石畳
     

    1.石畳ルーツ探しの発端と感心
     
    野辺地町郷土史家である高松鉄嗣郎氏が「なぜ、野辺地町に花崗岩の石畳があるのか?」と産出場所への疑問を持ち始めます。 ちょうどNHKで放送されていた、石のフェスティバルという番組を見た事が発端となり、香川県庵治(あじ)町長へ問い合わせを行います。 この時点では「庵治石は高価な石なので石畳に使う事はないのでは?」との回答でした。(庵治町は2006年1月10日に高松市へ編入合併し消滅)
     
     

    2.高松鉄嗣郎氏と江渡正樹氏との出会いと調査の契機
     
    この頃、高松鉄嗣郎氏と江渡正樹氏が出会い、江渡氏が高松氏から石畳ルーツの調査についての本格的調査の示唆を受けます。 また、杉山繁夫元野辺地町助役から、調査の提言と自宅の庭にあった旧石畳の提供を受け、江渡氏の本格的調査が始まりました。
     

     
    3.江渡正樹氏の調査開始
     
    提供された旧石畳の破片を、庵治町石工団地協同組合へ送付して調査依頼を行います。 そもそも庵治町への問合せというのは、旧石畳の石が庵治石に非常に似ていた為です。 江渡氏は庵治町を訪問し、石工団地協同組合の調査結果を受け取ります。 結果は、「小豆島大部(しょうどしまおおべ)の石では?」という回答でした。 庵治石はキメが細かく高価な石であるため、石工職人の目からは旧石畳との違いは明らかだったようです。
     

    石工団地協同組合の回答から、今度は、小豆島土庄の小豆島石材工業協同組合を訪問し調査をお願いします。 ショウセキ工業株式会社、宮西修石材部長の調査では、「大部の石ではなく小海(おみ)の近く、見目(みめ)の石」との回答でした。 また、田村石材専務の回答も「小海の石」、西山石材社長も「小海の石」との回答でした。 どうやら、旧石畳の石は「小海の石」のようです。
    (小豆島は、香川県の島で小豆島町、土庄町の2町からなり、小説「24の瞳」の舞台。)

     
     
    4.小海里づくり協議会長 野辺地愛宕公園訪問
     
    調査したのは石の破片であったため、実際に現物の石を見るべく、小海里づくり協議会長である橋本昭一氏が野辺地町を訪問され、愛宕公園の階段(旧石畳)を観察しました。 橋本氏の結果も「小海の石」との回答でした。 しかし、これまでの調査は当事者間の調査である為「小海の石」と断定するには、さまざまな根拠が必要でした。

     
     
     
     
     
     
    5.石畳の岩石学的検討

     
    弘前大学大学院理工学研究科、柴正敏教授に旧石畳の石と小海の石を比較調査して頂いています。
     
    【野辺地町石畳・花崗岩】
    ・暗色包有物が含まれる。
    ・カリ長石がピンクないしオレンジ色を帯びる。
    ・クロットがはっきりしている。
    ・鉱物構成のうち、石英:カリ長石:アルカリ長石=1:1:1の比率に近く花崗岩中のアダメロ岩に近い。
     
    【小豆島小海・花崗岩】
    ・クロットがやや少ない。
    ・鉱物組成としては、野辺地町石畳・花崗岩とあまり変わらない。
    ・カリ長石に淡い色がついている。
     
    調査の結果は、上記のような違いはみられるものの、岩体内の変化の範囲内と考えられ、両花崗岩は同一岩体からの産出と考えられるとの調査結果でした。
    この結果は、岩石学的には同じ石と判断しても良いものでした。

     
     
    6.大坂城天守閣館長の指摘
     
    さらに、大阪城天守閣館長の中村博司氏にもご意見を伺っています。

     
    江戸幕府は、大坂夏の陣で落城した大坂城の再建を始めます。 この再建時に必要だったのが大量の石材であり、その供給地となったのが小豆島を始めとする九州地方でした。 特に小豆島は天領(江戸幕府直轄)とされ、他の石切丁場とは一線を画していました。 小豆島の風土記では、文政5年に残石が400個ほどあり、これが後の、小海 道の駅・大坂城残石記念公園の石となったと記載されています。

    これらの歴史的背景などから、大坂城再築石垣と野辺地町石畳は共に小豆島小海産の同一花崗岩であり、兄弟石であるといえる。 …との指摘を頂いています。

     

     
       
    7.野辺地湊へ
     
    小豆島の石材は天領だった為、大坂城再築後に現地に残った残席400個は、解体もできず、移動もできないまま、農民達の生活の妨げになりました。 この残石は、嘉永~安政時代に払い下げになります。 この時、野村治三郎が払い下げになったこの残石を購入し、野辺地町へ運んだようです。
     

    薄く石畳状に加工され野辺地へ運ばれた小海の石ですが、当時の本町・下町の通りの一部分に敷かれました。 しかしその目的は分かっていないようです。 明治天皇は、明治9年に東北を御巡幸されますが、文献などからこの時には石畳は敷かれていない事が分かっています。 また、同様に明治12年には敷かれていた事が分かっているので、この期間何らかの目的(舗装的な実験?)として運ばれ敷かれたと思われます。


    22:39 | 石畳のルーツ
    2010/11/07

    常夜燈と石畳のルーツ 野辺地常夜燈

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)

    野辺地町常夜燈
     

    石畳の調査の過程で常夜燈もその歴史が分かってきたようです。

     
    1.小海里づくり協議会長 野辺地常夜燈公園訪問

    小海里づくり協議会長の橋本昭一氏が野辺地町を訪問された際、常夜燈の石も合わせて観察しています。 どうやらこちらは、「土庄町の石ではなく庵治石かもしれない」との観察結果でした。

     
     
    2.常夜燈の刻字

    常夜燈には、下記の文字が刻まれています。(常夜燈公園に出かける機会があれば、一度観察してみてください。)
    ・正面 常夜燈
    ・裏面 金毘羅大権現
    ・側面 文政十丁亥 正月吉良日
    ・基礎石最上段 施主 野村治三郎 世話人 橘屋吉五郎

     

     
    裏面に刻まれた「金毘羅大権現」とはいわゆる金比羅様であり、当時(~現在)船乗りの間で信仰されていました。 香川県琴平町の金刀比羅宮を総本宮とし、日本全国で金毘羅宮として祀られています。 側面の「文政十丁亥」とは、文政十年、丁亥(ていがい)の年の意味です。 丁亥とは、十干十二支の表現で24番目になり、良く知られている物で「甲子園」の「甲子」もこれに当たります。

     
     
    3.土庄町・庵治町等での調査
     
    江渡氏は、橋本氏の結果を受けてさらに調査を継続します。 土庄町・庵治町での調査では、庵治石ではなく塩飽(しわく)諸島(広島、本島など)産の石「青木石」の可能性がある事がわかりました。 海上安全祈願のため金比羅信仰が強いこと、丸亀市では金比羅信仰が強い事、石工が多く燈篭作りが盛んである事などがわかりました。 「北郡野辺地村湊裏御台場分間絵図面」では、水神宮前に石灯籠1基と記載されています。 これが現在の常夜燈の可能性が高く、石灯籠を灯台として利用するのは全国各地でもよくみられることです。

     
     
    4.丸亀市広島町での調査
     
    丸亀市での調査では、常夜燈に刻まれていた文字が役に立ちます。 「橘屋吉五郎」とは、香川県丸亀市広島の廻船業者、尾上吉五郎であることがわかります。 橘屋とは尾上の屋号でした。 江渡氏は調査の過程で、金毘羅街道の中府大鳥居に、「野村治三郎」と、「尾上吉五郎」の名がある事を発見します。 また、尾上吉五郎の子孫宅へも訪問し、中府大鳥居を寄進した記録が資料で残されている事、尾上家は屋号として「橘屋」を使用していた事を確認しています。 一方、常夜燈の石は、青木石材共同組合筒井政人参事により「青木石」と判定されました。

     
     
    5.尾上吉五郎と野村治三郎の友情
     
    常夜燈を野辺地湊へ運ぶ際、相当な運賃がかかったはずですが、尾上吉五郎はただで運んだとされています。 これは、野村治三郎(北前船航路の商人たち)が中府大鳥居を寄贈した事のお返しなのかもしれませんが、単なるやり取りだけではなく大きな友情を感じることができます。 きっとお互いの安全と商売繁盛を祈願したことでしょう。 それにしても、交通の不便な当時、青森県と香川県をまたにかけたスケールの大きさには感服します。
     


    22:34 | 常夜燈のルーツ
    2010/11/07

    常夜燈と石畳のルーツ エピローグ

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)

    旧石畳のルーツは土庄町の石である事が判明しました。 これは、高松氏が「庵治石」ではないかと、当初から香川県の方向を予想していた事、杉本氏から石畳のサンプルを提供して頂いた事が大きく起因していると思います。 一方、常夜燈は「青木石」である事で調査が終わっています。 しかし、江渡氏の賢明な調査によりそのルーツは広島の青木石であることは間違いないようです。 広報に掲載されていた土庄町との友好公園の写真は、はるか昔、尾上吉五郎と野村治三郎という熱い人達の手ですでに友情が結ばれ、時代を超えて今再び確認された事なのだと思います。
     

    なんか、香川県へ行ってみたくなりました。
     


    より大きな地図で香川県の地図を表示
    22:33 | エピローグ
    2010/11/07

    常夜燈と石畳のルーツ 参考

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)
    参考

    「野辺地町における北前交易石造物のルーツ -とくに常夜燈と石畳についてー」
     川村眞一氏
    玉瀧寺(ぎょくりゅうじ in 讃岐広島)BLOG
     http://blog.goo.ne.jp/shinshin66/e/1792319d60dffbc4517f28637beab43e
    みちのくの牧
     http://www.jomon.ne.jp/~kosamu/goyoudoudasou.html
    アラ・ハバキの「道の奥」廻り
     http://42777848.at.webry.info/201007/article_14.html
    22:32 | 参考