1 2 3 4 5
まちBlog 野辺地 勝手に好評奮闘中!! 町民参加型で、わいわいがやがや。 さあ、あなたも何か、書いて書いて!! 書くのは野辺地のことだけよ・・・
 
ちら見ポイント1255891チラッ
野辺地町 愛宕公園イメージ動画
▼野辺地町が盛りだくさん!
 
▼ご来店の際は、お電話でご予約を…
 
▼ソーラン節の元祖がここに!
 
▼野辺地町の野鳥図鑑
 

野辺地町立図書館

青森県警察のHP

なんでも検索

携帯QRコード

  http://www.noheji.jp
 
 
 

正当なCSSです!

 
 

温泉卵の極意

 

4-1.極意 白身は固まらない

これは、僕自身おおきな勘違いをしていました。
温泉卵は白身が固まらないそうで・・・ 長時間ゆでても、ゆでた後でも白身は固まりません。
なので、その場で卵を食べるには、スプーンとお皿がいるのです。 家に持ち帰っても固まりませんよ。
 
ではなぜ、白身が固まらないかというと、温泉の温度にあります。 普通のゆで卵は約100度でゆでますが、
温泉卵は約70度ぐらいのお湯でゆでるので、白身は固まらず中の黄身だけ固まります。
(黄身が固まる温度が白身よりも低いのでこのようになります。)
自宅でも、約70度ぐらいでゆでると温泉卵が出来るそうです。 興味がある方はチャレンジしてみては?
 
 

4-2.極意 すぐ食べること!!

皆さんは温泉卵を一度は食べたことがあるはずです。 でもそれは、温かかったですか?
きっと冷たかったはずです。 皆さんが普段食べる温泉卵は冷たい理由があるのです。
 
温泉卵の白身は固まらないことは、先ほど述べましたが、実は黄身は余熱でどんどん固まります。
業務用で大量の温泉卵を作る場合、余熱で黄身が固まらないように、ゆであがったらすぐに冷やすそうです。
 したがって、皆さんの口に入る温泉卵はみんな冷たいんです。
 
ゆであがった温かい温泉卵を食べることは、温泉卵を作った人の最大の特権ですので、
ゆであがったらすぐに食べましょう!!
 
 

4-3. 湯で時間に気をつけろ!!

さて、湯で時間ですが、どんな温泉卵が好きかによって違います。
こんな感じでしょうか?
 
1.卵に近い、とろとろしたスープ状が好きな人は 10分ぐらいがお勧め。
2.黄身がとろりとした感じなら、15分ぐらい。
3.その場で食べる場合は、17分ぐらい。
4.がっちりした温泉卵が好きな方は、20分で十分かと。
 
せっかくなので卵1パックをゆでる人がほとんどです。 途中で1個ずつ食べるのもいいですよ。
温泉卵はお好みなので研究しながら自分の時間を探してみるのも楽しいかも!!
持ち帰る場合は、余熱も考えて!!
※ 看板にも、目安時間が書いてあるので参考にしてください。
 
(込んでいる場合はこんな感じなので、ネットが便利です!! フックはたくさんありますよ!!)
 

4-4. 調味料を使う前に

温泉卵を食べる場合は、調味料をかける前にまずはそのまま食べてみてください。
 
温泉の浸透圧で白身の外側に塩味がつきます。 黄身の味もあいまみえて、調味料がなくても
大変美味しいです。 (殻に白身がちょっとつきますが、そこに塩味がついてるので、白身をそぎとりましょう。)
ちょっと物足りない方は、納豆についてくる醤油を数滴たらして食べることをお勧めします。
 
温度に気をつければ自宅でも温泉卵はつくれますが、この浸透圧による味付けは温泉でしかできません。
せっかくなので、まずは1個調味料なしで食べて、2個めからは調味料をかけて食べましょう!!
 
ゆで卵の場合2個食べるのは大変ですが、温泉卵は2個ぐらいは簡単に食べちゃいます。
でも食べすぎには注意!!
 
 
極意はこんな感じです。 さて、次は温泉卵場を管理するに当たってのいろんな苦労話を聞いてみませんか?