1 2 3 4 5
まちBlog 野辺地 勝手に好評奮闘中!! 町民参加型で、わいわいがやがや。 さあ、あなたも何か、書いて書いて!! 書くのは野辺地のことだけよ・・・
 
ちら見ポイント1272271チラッ
野辺地町 愛宕公園イメージ動画
▼野辺地町が盛りだくさん!
 
▼ご来店の際は、お電話でご予約を…
 
▼ソーラン節の元祖がここに!
 
▼野辺地町の野鳥図鑑
 

野辺地町立図書館

    青森県警察のHP

    なんでも検索

    携帯QRコード

      http://www.noheji.jp
     
     
     

    正当なCSSです!

     
     

    「まちの風景」について

    野辺地町は、山あり、海あり、川あり、とても良いところ。
    そんなすてきな町の風景が、Blog会員から投稿されます。
     

    まちの風景

    まちの風景 >> 記事詳細

    2013/05/13

    烏帽子岳登山のリベンジ

    | by:佐藤(か)
    大型連休後半、烏帽子岳登山のリベンジへ挑戦しました。前回の断念から約3週間が経過しています。だいぶ雪も融けていると思われるので、今度は登れそうな気がします。

    夜泣き石までの道のりは、まだ雪が残っていて、車で乗り入れできません。途中、広くなっている場所へ車を止めて、登頂を目指します。この日は、車が2台止まっていました。どうやら、先客がいるようです。出発地点では、水芭蕉が出迎えます。
    水が豊富な証拠でしょうか、ここにも水芭蕉が咲いています。

    あちこち、残雪が見られますが、車道は雪が融けている部分もあります。これなら山頂まで問題なく登れそうな、期待が持てます。ちなみに、先客の方々は登山道を進んだようです。こちらは車道で山頂を目指します。
    日の当たる部分は雪が融けています。

    ・・・と思ったのも束の間、辺り一面雪だらけ。一瞬戻ろうかとも考えましたが、足元もしっかりしていたし、周りからも雪崩の気配もなさそうだったので、このまま、続行することにしました。
    50cm以上は積雪があります

    中継所への分岐点です。ここら辺からだいぶ雪深くなります。周りの環境にもさらに気を配ります。
    ガードレールっぽい支柱が10cm程度顔をだしています

    やがて、吹きだまった感じの道が現れました。ちょっと怖い感じもします。
    道路の右側だけ強烈に雪が積もっています

    頂上が見えてきました。ここから、最後の踏ん張りどころです。
    辺り一面雪だらけで道の判別がつきにくいです

    やっと着きました!! 山小屋付近には雪がありません。風で飛んだんでしょうか?不思議です。
    頂上の山小屋には雪がありません

    今回の経路図と写真はこちらを参照してください。(経路は誤差があります)

    下山の際は、雨に降られました(午後は晴れ!の予報だったのに・・・)。いつも、レインウエアを持参しているので、何も問題はありませんでしたが、改めて準備の必要性を感じました。
    ところで、特に記載しませんでしたが、頂上間近で雪の斜面を歩くような場面に出くわします。多分、道中で一番雪崩に気を付けなければいけない部分だと思います。危険だと思ったら無理はしないように。・・・っということで、ここまで来ているのに本当の山頂には登っていません。残雪がかなりあって、ちょっと危険そうだな・・・と思ったので。

    23:56 | 投票する (2) | コメント(0)