1 2 3 4 5
まちBlog 野辺地 勝手に好評奮闘中!! 町民参加型で、わいわいがやがや。 さあ、あなたも何か、書いて書いて!! 書くのは野辺地のことだけよ・・・
 
ちら見ポイント1314772チラッ
野辺地町 愛宕公園イメージ動画
▼野辺地町が盛りだくさん!
 
▼ご来店の際は、お電話でご予約を…
 
▼ソーラン節の元祖がここに!
 
▼野辺地町の野鳥図鑑
 

野辺地町立図書館

    青森県警察のHP

    なんでも検索

    携帯QRコード

      http://www.noheji.jp
     
     
     

    正当なCSSです!

     
     

    「まちBlogお店だよ」について

    野辺地町には、いろんなお店がたくさんあります。
    そんなお店に行ってみました。 Blog会員からお店の情報が発信されます。
     

    まちのお店に行ってみた


    2012/03/27

    別当庵のいもがし

    Tweet ThisSend to Facebook | by:佐藤(か)
    子供の頃、祖母の家に遊びにいくと必ずといってもいい程、置いてある食べ物が三つあった。一つはごませんべい、もう一つはりんご、最後は「いもがし」だ。ごませんべいやりんごは、ちょくちょくご相伴に預かっていたが、「いもがし」だけはさほど好きでもなかったせいか、祖母に勧められてたまに口にする程度だった。

    社会人になってからは、地元の銘菓として友人へのお土産に度々購入することはあったのだが、自分自身が食べるために購入することは滅多に…いや、殆んどなかった。きっと、時々は頂き物などで食べていたと思うのだが、祖母の家にいつもあった「いもがし」しか記憶に残っていない。

    つい先日、この「いもがし」を購入するチャンス(チャンスといってもお店に行けばいつでもすぐに購入できる状態にはあるのだが…)があったので、久しぶりに購入してみた。長い年月を経て改めて手に取ってみると、ずっしりとした重量感を感じる(子供の頃の方が重たく感じたはずなのに)。丁寧に包まれた包み紙を外し、一口食べると甘いいもあんがポロポロと口の中に広がっていく。独特の香りも非常に良く美味しい。疲れた頭の3時のおやつにはぴったりだ。

    年齢を重ねると嗜好が変わるというが、まさに子供の頃には感じなかった大人の美味しさを感じた。っと同時に、懐かしい思い出のようなものも少し感じることができた。多分、絶対思い出すことはない子供の時の記憶が、「いもがし」によって刺激されているんだろう。

    久しぶりに食べた美味しい「いもがし」、さすがに毎日とはいかないが、これからは、時々購入して食べてみようと思う。



     別当庵 〒039-3131 青森県上北郡野辺地町野辺地8−1 0175-64-2616 ホームページ

    00:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)